古民家再生を通じて街の活性化や環境保護を応援します!
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • ブログ

ブログ

岐阜第一支部長の古民家のお仕事

当協会の岐阜第一支部のお仕事をご紹介します。 第一支部は飛騨高山にあり、いまはインバウンド(海外からの観光)で賑わっている地域です。 支部長は大下竜一氏。株式会社レオイにて、海外からも評価の高い飛騨高山の古民家のリノベー …

空き家の片付け

空き家の片付けを行っています。 このお家、空き家になって数年の間に、二階の床の間が抜け落ちるほどの雨水の侵入です。 畳には金だらいが置いてあって、ドリフターズの世界です。 床板もこんな風。 社会性の高い持ち主さまは、たっ …

黒板アート甲子園2019

黒板アート甲子園というものがあるそうです。今年の大賞はこの作品。 http://kokubanart.nichigaku.co.jp/2019/major/ ほんとにこれ、黒板に書いたの?!と何度見ても目を疑ってしまいま …

竹小舞の丈夫さに圧倒されました

70年間、壁土に塗り込められていた竹小舞下地です。 どうでしょうか? 縄も含め、あまりにもしゃんとしている姿に、畏敬の念が耐えません。 こういった土壁の中に埋め込まれているのが竹小舞です。 骨組みを残して改築しますので手 …

築72年前のは良いが築20年前の工事が悪い👎

悪いところを描いてみました。 築72年目の古民家再生中。 増築部分の継ぎ目に当たる梁がボロボロ。 外角の柱が、シロアリで消失。 この辺にあったユニットバス、 換気扇の蒸気が外に出ておらず、小屋裏に放出させて終わっていまし …

岐阜支部5月例会を開催しました

全国古民家再生協会では、47都道府県の各支部が毎月1回例会を催しています。岐阜支部は会員企業10社が集まります。 私が岐阜第二支部長に就任してちょうど1年。7年前から第一支部長をなさっている大下支部長によれば、「ここ1年 …

台風21号の影響

古民家鑑定の最中に、台風21号の影響であろう屋根瓦の割れを発見しました。 この入母屋の熨斗瓦が飛んで、それが別の平瓦を割ったと思われます。 屋根の上に登ればあっという間にわかるのですが、9月からこのかた8ヶ月もの間わから …

ゴミなのか資産なのか

古民家ってなんなのか。 実は私たち古民家再生協会が定義する「古民家」と言う言葉はまだ辞書には載っていません。 ・伝統工法で建てられていること ・かつ、築50年以上が経過していること 私たちは古民家と呼んでいます。 &nb …

令和元年5月3日 古民家鑑定の様子

平成の終わりと令和の始めに、2件の古民家鑑定を行いました。 現場は築50年の伝統工法の家。 近々改修計画があるために、耐震強度などを図るのが主な目的です。 ゴールデンウィーク真っ只中にもかかわらず、飛騨から岐阜第一支部長 …

全国大会③ 再築大賞発表

全国大会の終わりに、「第6回 再築大賞」が発表されました。 一位は、熊本県の「銀杏建築」さん。 http://www.saichiku.com/result06/ 詳しくは上記サイトに譲りますが、今回の受賞テーマは 「古 …

« 1 2 3 4 13 »
PAGETOP